古希祝いに心に残る手紙の書き方

古希とは日本の文化において、数え年で70歳を迎えた人に対して行われるお祝いです。

古くはこの年齢まで生きるという人がさほど多くなかったため、それまで生きてくることができたということを祝うために使われていましたが、最近の社会では寿命が長くなったことから、この70歳と言う年齢を迎える人はさほど珍しくなくなりました。

そのため現代における古希は学生、社会人に告ぐ「人生における第三のステージ」の始まりを祝うという意味合いが強くなっています。

ではこの古希をお祝いする手紙を贈るというような際、マナーとして心がけたいことは何でしょうか。

これは何よりも「相手に年齢を感じさせるような言い回しは避ける」ということです。

現代社会では寿命が長くなっており、70歳を超えて生き続ける人は少なくありません。

しかしながら実際に70歳という高齢を迎えた人にとって見れば、自身の体はこれまでとは同じように動いてくれず、老いを強く感じるようになっています。

そのためお祝いの気持ちがあったとしても、相手に年齢を感じさせるような言い回しをしてしまうと、相手が複雑な心境になってしまうことがあるのです。

ではどのようにすればよいのかと言うと、特に使いたい言い回しとなるのが「70歳はまだまだ若い」という言葉です。

事実として現在の日本の平均寿命は83.1歳となっており、平均寿命からすればまだ13年近い時間が残されているということになります。

干支が一周するほどの時間なわけですから、手紙を贈る際はこれからの人生の幸を祈るように心がけましょう。

また忘れずに書いておきたいこととなるのが、それまでの70年と言う人生で、自分がどれだけその方にお世話になったのかと言うことです。

つまり古希を迎えてもなお若々しく活躍されているということを素直に賞賛すると同時に自分が今まで受けてきた恩を思い出し、それに関する感謝を述べればよいのです。

もしなかなか良い言い回しが思い浮かばないというような場合であれば、手紙の例文サイトなどを見ると参考になる言い回しが多く記されています。

手紙を書く人が古希を迎える人の息子である場合や、孫である場合、仕事上で付き合っていた人である場合など、それぞれのTPOによって適切な言い回しは微妙に変わってくるわけですから、より相手に失礼のない形で手紙を送りたいというような場合には、こうしたマナーのサイトや例文のサイトを確認して見るとよいでしょう。

古希お祝いプレゼントの【人気ランキング】はこちらですのTOPページへ